♪♪♪ 演奏曲の動画ギャラリー ♪♪♪

ミュージックフィールズの演奏シーンの動画ギャラリーです。1曲ずつ、コメントを付けて紹介させて頂きます。どうぞ、お楽しみくださいませ!!

【オリジナル曲】

 

♪ ぬくもり ♪   作詞:こやかおり 作曲:稲岡大介

 ミュージックフィールズの『代表曲』です。大手音楽プロダクション「サンミュージック」との出会いも、この曲がきっかけでした。「ヒトのぬくもりの大切さ」を、しみじみと考えさせられる名曲です。

 

♪ 僕たち、やることあるよね ♪ 作詞:山本ジュン 作曲:道路工事たかまろ

 ギターのじゅんクン作詞の、アップテンポでノリノリな曲です!!会場のお客さんにも参加して頂き、とっても良い雰囲気になりました。演奏するメンバーもノリノリです!!でも、歌詞の内容は結構シュールで、ヒトはもっと生き物を慈しみましょうって感じの、メッセージソングなんです。

♪ いつもそばにいて ♪  作詞:曽我部コータロー 作曲:稲岡大介

 ボーカルのコータローくんの新曲です!!JR福知山線尼崎列車事故チャリティコンサート2018.4.22での演奏シーンです。愛しい人、いつもそばにいて欲しいものですね。そんな、切なさを歌っているラブ・バラードです。

 

♪ 太陽の女神 ♪   作詞:曽我部コータロー 作曲:稲岡大介

 2017年のミュージックフィールズは、『ぬくもり』とこの曲を軸に回っていくことになりそうですね。意中の女性に対して、淡い想いを打ち明けられない「内気な少年」が主人公の、切ない曲です。

 

♪ それが、僕の夢 ♪   作詞:山本ジュン 作曲:道路工事たかまろ

 アップテンポな曲で、ステージでの盛り上げ役を担っています。少年時代の純情な気持ちを、いつまでもそのまま持ち続けて、成長していきたいといった「人生の応援歌」です。

 

♪ 私、惚れちゃった♡ ♪   作詞:木村ユキ 作曲:稲岡大介

 歌詞の内容は、本当にノンフィクションです!!好青年に淡い想いを寄せている、そんな少女のセンチメンタルな気持ちを歌詞に込めた、甘く切なく、とってもカワイイ曲です。

 

♪ 阪急電車の歌 ♪   作詞/作曲:西田ケイスケ

 阪急電車をこよなく愛する気持ちが、歌詞の端々に感じられます!!これだけ、阪急電車を愛している人は、他にいないんじゃないでしょうか??歌詞の覚えやすさはピカイチです!!

 

♪ こんにちはフィールズです!! ♪   作詞/作曲:稲岡大介 

 ステージでは、毎度毎度のオープニングの定番曲です。この曲は、これから始まるステージのウキウキ・ワクワクするような気持ちを、素直に表現されたものになっていて、楽しい内容です。

 

♪ ふぃ~るず音頭 ♪   作詞:こやかおり 作曲:稲岡大介 

 ステージの中で、会場のお客さんと一体化することができる曲です。会場のお客さんにも参加して頂き、お祭り騒ぎが始まります。もちろん、演奏するメンバーもノリノリです!!

 

♪ またね! ♪   作詞:こやかおり 作曲:稲岡大介  

   ステージの最後に演奏する定番曲です。楽しかったステージを振り返りながら、「またねは、また会えるね、を短くしたんだ」という歌詞で、またいつかどこかでお会いしましょう!!と言って締めくくっています。

 

♪ 少年と少女の物語 ♪   作詞:こやかおり 作曲:稲岡大介 

 この曲は、「こやかおりワールド」が色濃く出ている歌詞となっています。車いすに乗った少女が、淡く切ない恋心を物語った、とってもセンチメンタルな内容の曲です。

 

 

【カバー曲】

 

♪ ギンギラギンにさりげなく ♪

 こやかおりさん永遠のアイドル『マッチ』こと、近藤真彦さんのヒット曲です。楽しく盛り上がる曲として演奏してみましたが、予想以上にメンバーの演奏も盛り上がってしまい、結果として大化けした曲になりました。この曲の映像は、なんと中学生向けのライヴでの演奏シーンです。平成生まれの中学生にとって、この曲がとっても新鮮だったのではないでしょうか??

 

♪ 恋するフォーチューンクッキー ♪

 AKB48の曲ですね。アップテンポでノリが良いので、ライヴの中では盛り上がる曲の位置付けとして演奏していました。フィールズっぽく『楽しく』演奏できていますね。

 

♪ 上を向いて歩こう ♪

 坂本九さんの曲ですね。高齢者向けのライヴだったので、こやかおりさんから「皆さんに分かって頂ける曲が良い」とのことで、演奏しました。こやさんの読みが当たり、会場は大いに盛り上がりましたね。ホント、昭和の名曲です!!